CO-UPDATE KANSAICO-UPDATE KANSAI

ってなに?

「ちょうどいい」働く場「ちょうどいい」働く場

プロジェクト②

「ちょうどいい」働く場

多様化する働き方、
変化の先にフィットする働く場の在り方とは?

「働く場」に私たちは注目しています。

2010年代後半、多くの企業や自治体にとって働き方改革は大きなテーマでした。長時
間労働、ジェンダーや年齢、国籍の多様性と対策は取られましたが、変化の歩みはゆ
っくりしたもの。それが新型コロナウイルスの流行に伴う移動制限、活動自粛の動き
で激変しました。なかでも、リモートワークが欠かせない要素となったことで「働く
場」に与えたインパクトは大きく、オンラインとオフラインの活用方法に関する議論
から、そもそも職場や、集まること自体の意味が問われています。

私たちは今後生まれていく、「働く場」についての多様な選択肢を、物理的な側面だ
けでなく、組織の在り方や個人の価値観の変化も含めて探索していきます。そして理
想論で終わらない、理想と現実の狭間となる、私たちなりの「ちょうどいい」働き方
の在り方を考えていきます。

聞く

次は当事者の声に耳を傾けます。課題を抱える人や、解決に取り組む人たちと対話して、課題を自分ごと化していきます。

整理する

「知る」「聞く」のプロセスで得た経験やつながりをベースに、自分たちが取り組むべき課題の範囲を定めます。

踏み出す

最後は、解決策をみんなで考えて、お試しでやってみます。実際に行動することで、改良するスピードを上げていきます。