CO-UPDATE KANSAICO-UPDATE KANSAI

ってなに?

空き家があるまちの未来

プロジェクト①

空き家があるまちの未来

空き家や空きスペースを起点に、
人口減少時代のまちづくりを考える

私たちはこれから、たくさんの社会課題を
一つひとつの小さなテーマに分けて考えていきます。
最初に取り組むテーマは「空き家」。

人口が減るにつれて、取り残されていく古びた建物たち。
1軒の空き家をなんとかしたって意味がないと思うかもしれません。
でも1軒の空き家から変わっていったまちが確かにあるのです。
空き家や空きスペースを起点に、人口減少時代に合うまちづくりとは何か、
デジタルが果たせる役割は何かを考えていきます。

知る

最初のステップは課題の全容を知ることから。識者へのインタビューなどから課題を多面的に理解していきます。

整理する

「知る」「聞く」のプロセスで得た経験やつながりをベースに、自分たちが取り組むべき課題の範囲を定めます。

踏み出す

最後は、解決策をみんなで考えて、お試しでやってみます。実際に行動することで、改良するスピードを上げていきます。