CO-UPDATE KANSAICO-UPDATE KANSAI

ってなに?

ABOUT

コ・アップデート・関西

オプテージは、関西が持つ古きよき文化に、
デジタルやITなどの新しい風を混ぜ合わせ、
関西をアップデートします。
一社だけで取り組むのではなく、
地域住民や企業、大学など、
さまざまな人たちと共創で。
ひとときの盛り上がりではなく、
地域のビジネスとして成立するように。

私たちの視点

「コ・アップデート・関西」で大切にするのは、
この3つの視点です。

  • 地域
    地域REGION
    私たちはたくさんの個性が混じり合った「関西」という場所に住んでいます。
    それぞれのまちが持つユニークな文化や産業。そこに新しい考え方やテクノロジーをスパイスとして混ぜ合わせたら、どんな未来が作れるだろう?
    自分たちの手で、自分たちのまちを、幸せな場所にしていく。その動きにオプテージも関わりたいと考えています。
  • 共創
    共創CO-CREATION
    社会課題に向き合うほど、その複雑さや途方もなさに、心を打ちのめされることがあります。
    一筋縄ではいかないことだから、さまざまな立場の人たちによる共創こそが、取り組みの推進力になるのです。
    私たちも仲間の一員となり、企業や大学、自治体、地域住民の方たちと、積極的に手を組んで進めていきます。
  • 可能性
    可能性POSSIBILITY
    人口減少や高齢化、自然災害など、日本にはたくさんの問題があると言われています。
    けれども私たちは、社会課題をネガティブには語りません。むしろ、日本をアップデートするチャンスだと捉えています。
    エネルギッシュでバラエティ豊かな関西なら、チャンスをつかんでもっと面白い未来を作れるのではないか。そう考えています。

プロジェクト

私たちはこれから、たくさんの社会課題を
一つひとつの小さなテーマに分けて考えていきます。
「プロジェクト」シリーズは第一弾として
空き家をテーマにスタート!

プロセス

1つのテーマを4つのステップに分けて進めていきます。

  • 知る
    知る
    最初のステップは課題の全容を知ることから。識者へのインタビューなどから課題を多面的に理解していきます。
  • 聞く
    聞く
    次は当事者の声に耳を傾けます。課題を抱える人や、解決に取り組む人たちと対話して、課題を自分ごと化していきます。
  • 整理する
    整理する
    「知る」「聞く」のプロセスで得た経験やつながりをベースに、自分たちが取り組むべき課題の範囲を定めます。
  • 踏み出す
    踏み出す
    最後は、解決策をみんなで考えて、お試しでやってみます。実際に行動することで、改良するスピードを上げていきます。

リサーチ

ここでは記事ごとに異なるテーマを取り上げます。
未来のビジネスのあり方を探索するため、新しいビジネスモデルやムーブメントの実態を探っていきます。

ご意見やご感想

取り組みへのご意見や
ご感想をお待ちしています。

ご意見やご感想はこちら

株式会社オプテージについて

FTTHサービス「eo光」や格安スマホ「mineo」などを提供する、関西電力グループの情報通信会社です。
コーポレートスローガンは「What’s next ?」。
「次は何する?」とワクワクしながらチャレンジし続けられる企業であり、
「次は何だろう?」とみなさまに期待される企業であることを目指しています。